建設業の新規ビジネス、異業種参入は介護リフォームのKanekuコーポレーション

地域に密着した建設業者にしかできないビジネスモデル

介護用品レンタル事業を切り口にリフォームを受注

介護リフォームでの問題

車椅子やベッドにはサイズがあります。どんな介護用品を納入したかはレンタル業者にしかわかりません。よってケアマネジャーはレンタル事業者にリフォームを依頼することが大半です。

しかし、レンタル事業者は住宅改修に必要な知識を持ち合わせていないため、建設業者を下請けに使いますが、その建設業者も介護リフォームの特殊な知識を持ち合わせていません。そこでトラブルが多発しているのが現状です。

介護リフォームでの問題

介護用品の納入とリフォームを一体で行うことが、要介護者にとって最大のサービスとなります。

ここが違う 建設と介護の複業化の「キモ」

介護保険を使って介護用品レンタルや介護リフォームをする場合はケアマネジャーがケアプランと作成しなければなりません。要介護者が自分で決めることはできないのです。

1人のケアマネジャーは最大39人の要介護者を担当しています。

ケアマネジャーの担当

ケアマネジャーが安心して介護リフォームを依頼できるのは、建設と介護の知識を備えた業者に他なりません。

お問合せ

お客様との出会いを大切にしています。ともに介護という大きな市場に大きな需要に向かい、安定的な収益をあげることを目標に進んでいきましょう。

メールでお問合わせ・資料請求の方は、
こちらから。

 お問合せ・資料請求

電話でお問合わせ・資料請求の方は、
こちらから。

TEL(0573)-26-1811

営業時間 8:30~17:30(日・祝除く)