建設業の新規ビジネス、異業種参入は介護リフォームのKanekuコーポレーション

地域に密着した建設業者にしかできないビジネスモデル

介護ビジネスへの参入で建設業は生き返る

進む高齢化社会

今後、高齢化社会はますます進みます。介護期間はおよそ4年前後(推定)といわれています。
要介護者の人口は、2025年には826万人にあると推定されます。

今後2015年以降の我が国の人口ピラミッド
今後2015年以降の我が国の人口ピラミッド

※2015年の数値は厚生労働省発表の実績値。2025年の数値は厚生労働省が第6期介護保険事業計画作成にあたり推計した数値です。

在宅介護の増加で介護用品レンタル事業のビジネスチャンス

介護用品レンタル+介護リフォーム

介護事業は地域密着の仕事です。建設業も地域に根付いた産業です。 介護ビジネスは建設業者が行うのに適しています。

これが建設と介護の複業化ビジネスです。

今後の介護リフォーム市場を牽引していくのは地域密着型の建設業者です。生活を助ける介護用品、これからも住み続ける住宅。 この介護生活に関する分野には「信頼」という言葉が必要不可欠なのです。この「信頼」を持っているのは、地元の人がすぐに分かる地元の建設会社なのです。地域密着型建設業が今後の介護リフォーム業界の中心になります。

今までの地域での活躍から、地域ブランドを持っている建設業者が地域の介護住宅を支えていくことは間違いありません。
ともに地域に建設のノウハウを活かしましょう。
建設と介護の複業化ビジネスの参入で、建設業は生き返ります。